過去から今日、今日から未来へ先人が残した言葉を贈ろう。 異なる文化と歴史の中で人類を繋ぎ続けた言霊のリース。 幾多の時代を超えて、ひとつずつ解き放つ。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
コトダマピース 23詩*『太陽に一番近い国』
2008-03-24 Mon 02:01
『太陽に一番近い国』

人の体の中にはいつも"風(ルン)"が通っている。
我々人間はただ身体があるのではなくて身体があるゆえに我々は感じる。
感受性があり体験することができる。
そして知ることが出来るのです。

人は生にすがり危険と死を恐れる。
死を考える人間が人を殺す事はない。

                【ダライ・ラマ~チベットの教え~】


【終わりなき魂の詩(うた)と理(ことわり)~第3章~】

~チベット回想録①~

今回は予定を変更して、現在、世論の渦中にあるチベットについて語りたいと思う。
実は事件が起きる前から、チベットに関してはあらかじめ計画していたトピックがあり、
私なりに順序を踏まえて、念入りに取り出してくるはずだった。
しかしこの度、ついに来るべきチベット暴動が起こってしまった故に、
急遽、順序を前倒して修正せざるを得なくなってしまった。
チベットといえば、チベット仏教の「死者の書」で輪廻転生や前世といったものが取り扱われている。
そもそもこのブログ内で【魂】を冠にしたサブタイトルからして、
その輪廻転生論についての検証が実はテーマの命題だったのだが、
こうも早くに論議の核をうながされるとは、
「青天の霹靂」…なんかやっぱりチベットらしい感じ。
正に今年はなんとなく予感していた「大変革」の年を象徴するような、
予定外の衝撃的な動きだ。

恐らく日本人のほとんどは、
「あ~、世界のどこかでまた今日もそんなことが起こっているのね~」的なノリに過ぎないかと思われる。
かく言う私も、チベットという国以外で起こっていたなら、無責任にもそんな感想が出たのかもしれない。
しかし、チベットはなんというか言葉では言い表せない感情の思い入れがあって、
それを今回、説明できる限り、表現していきたいと思うのだ。
多分、そうしなければいけない気がしている。
今の私が彼らのために、唯一できることとして。

今から語ることにおいては真偽の判定が難しいところだが、
率直に言うと、どうもチベットと私の間には何か深い縁があるらしい。

それをあらためて確認したのは2年前、父方のいとこのある言葉に起因する。
そのいとこは私と年は変わらないが、いわゆる超強力な霊能者に生まれついた人物で、
現在もその能力を生業にして生活しているわけなのだけれども…
余談だが、どうやら私の父方は祖父母ともにそういう奇妙な能力の家系らしい。
それで私はどうかというと、まあ、直感とか予感?とかそういうものが
人より少しばかり発達しているようだ。
たまに波長があえば、変なモノを感じたりすることもあるが、
私自身のその力はかなり不安定な部分があって、
本人的にはあまり認めていない。(というところがまさに天邪鬼)
しかし、家系的に霊能力の遺伝というのは、
あながち嘘ではないのかもしれないということは認めざるを得ない経験は少なからずしている。

さて、そのいとこと話をしているときに、
また例によって、いとこが勝手に私から何かを感じ取ったらしく、
(ごく自然にあることなので、もはやあまり驚きはしない)
「今、一瞬(私の)前世が見えた…時代はわからないけど、チベットの高僧だったんだね」
なんぞと言い出した。
当然、「ハァ?」という間抜けなことしか答えられなかった私。
それでも、構わずいとこは続ける。
「ああ、そっか、(いとこが)助けてもらったんだ…昔の(私が)何か言ってる…
『カルマとダルマ』…ねぇ、この言葉に覚えはない?」
ありませんよ、そんなもの。
でも、一つ関係があるような気がするものといえば…
この時以前に、私はチベットへ実際に行ったことがあるということだけ。
そう伝えると、「え??なんだ、もう自分でもわかってたんだ…」
何が???さっぱり意味が解かりませんけど?!
いとこと話すときは終始こんな感じである。
結局、いつも最後はこうしたキーワードをもとに自分で探しなさいと言われる。
この時も案の定、また同じことを言われてしまった。
彼女は、江原さんのように手取り足取り優しく導いてはくれない。
何故なら、全ては最終的に「自分で感じて悟ること」。
それが、一番重要なのだというスタンスを常に貫いているから。

というわけで、
まずカルマはヒンズー教や仏教でいうところの「業=因果応報」ってやつでなんとなく解かったが、
じゃあ、ダルマって一体何事??という疑問がいっぱいでネットで調べてみると、
仏教でいう「法」であり、真理や存在を表すものらしい。
…で、それが?何なの?
ダメですね…正式な仏教徒ではないので、イマイチ関連性が見えません。
それでも、この言葉は現世に生きる自分への課題なのだと、いとこは言った。
チベットの他にも前世は色々見てもらったのだが、
何故か、感覚的に今の自分に一番近い何かがあるような気がした。
…相変わらず、意味はまるで理解できていないが。

それでもいとこに言わせれば、
私は、どこか喪失していた魂の欠片をチベットで拾ってきたみたいだ。
確かにあそこで私の身に起こった事は、生涯忘れることのない衝撃的な体験を生み出した。
そして、迷える魂を抱え、一個体の肉体を持つ人間として生きていくための使命というか、
何故、自分はこの世に生まれてきたのか?という深い哲学を追求する上で、
一種のターニングポイントを迎えた、あるいはそういう非科学的な感覚を見つけた場所でもある。

次回は、そんな偶然の中の必然的であったチベット生活とそこでの不思議な体験を詳しく記したいと思う。
相変わらず、長い回想の旅路の中、
ごくごく私的な告白に付き合っていただければ、是幸いです。

私にとって、気高いヒマラヤ山脈のふもとで、
ひっそりと佇むチベットという場所は太陽の懐かしい匂いがする。
そして、この世界の中間点にして、まるで大きな原点のような奥深い思想と文化が渦巻いている。
幸運にも、その全貌のほんの上辺だけを触れることができたのだけれども、
微かでも伝えて、残していかなければならないことのような気がする。
極東の日本から愛を込めて、今もなお闘う彼らに捧げたい。
誰かを救うには、あまりにもつたなく無力な言葉の武器で。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<コトダマピース 24詩*『蒼き天辺で生まれた光』 | コトダマパズル~幾億年の鼓動~ | コトダマピース 22詩*『走る体、転がる意志』>>
この記事のコメント
こんばんは。
ご無沙汰してました。
チベット・・・。わたしも興味はありながら、
積極的に調べたことがないのです・・・・。
今、世界的に中国への批判、チベットへの声援が感じられますね。
こういう状況のときこそ、チベットのことをもっと理解できたら、
と思いますが。
>何故、自分はこの世に生まれてきたのか?という深い哲学を追求する
若い頃、ある仏教団体に傾向しまして。
宗教活動、宗教の勉強とかじったことがあります。
(もうほとんど忘れてしまったのだけど・・・)
ただ、その宗教に走ったのは、上の言葉のように、
自分が生まれ生きていく、という意味がわからなかったのです。
宗教団体では、「悟り」をえるためだと。輪廻転生を繰り返しながらも
人間として生まれることは黄河の砂一粒の確率だと。
その生まれがたい、人として生まれたからには、目的がり、それは悟りを得ることだとと教えられたことを思いだします。
結局、悟ることなどわたしには出来ないと悟ってやめてしまったのですけどね。

長々と私事を書いてすみません。
興味深い記事でした。
次回を楽しみにしてます。
2008-03-26 Wed 01:11 | URL | きょう #PVNQBMzQ[ 内容変更]
大変ご無沙汰してます^^;
なかなかお返事できなくて、スミマセンでした!
チベット問題は本当に激化してしまって、心苦しいです。
チベットも好きだけど、中国も好きなので、
政府がした事を全体にかぶせないで欲しいですね、どちらも。
今回と次回の章は私のつたないチベット放浪記がメインになってしまって、輪廻転生とか魂とかそういうものをあまり深く掘り下げられなかったので、今後はもっといろんなものと絡めて書いていきたいと思います。ぜひまた遊びにきてください!
2008-05-03 Sat 04:19 | URL | #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| コトダマパズル~幾億年の鼓動~ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。